装置詳細

ナノ秒可視・近赤外過渡吸収分光装置(VITA)

ナノ秒可視・近赤外過渡吸収分光装置(VITA)IMG
名称 ナノ秒可視・近赤外過渡吸収分光装置(VITA)
メーカー 光源: Ekspla製、システム構築:自作
課金額 14,000円/時間(成果公開/技術代行の場合)
※課金係数1でご利用の場合
導入年月日 2001/01/01(月)
仕様 液体、溶液、結晶、フィルムなどの過渡吸収スペクトルと減衰挙動を測定する装置。
励起光源にYAGレーザーの第2,3高調波を用いており、様々な測定対象に対応可能である。
従来装置と比べて測定感度が高いことが特徴であり、吸光度変化として0.001程度の計測が可能である。
●時間分解能:1 ns程度
●励起波長:355, 532 nm
●測定波長範囲:400 nm~1600 nm
●測定雰囲気:-80 °C ~ 室温 ~ +100 °C
※原則として「技術代行」または「技術補助」でのご利用となります。「機器利用」については装置担当者とご相談下さい。
備考 この装置のご利用に関するお問い合わせは
ancf-contact-ml(@)aist.go.jp
までお願い致します。

PAGE TOP