装置詳細

ピコ秒可視・近赤外過渡吸収分光装置(VITA)

ピコ秒可視・近赤外過渡吸収分光装置(VITA)IMG
名称 ピコ秒可視・近赤外過渡吸収分光装置(VITA)
メーカー 光源:スペクトラフィジックス、システム構築:自作
課金額 14,700円/時間(成果公開/技術代行の場合)
※課金係数1でご利用の場合
導入年月日 2002/01/01(火)
仕様 200 fsの時間分解能、240 ~ 11000 nmの観測波長領域、<0.001の吸収測定精度を有する、過渡吸収分光装置です。
固体中キャリア寿命、界面電荷分離反応の速度・収率、励起子拡散長を評価します。
●測定モード:透過・正反射・拡散反射型ポンプ‐プローブ法
●励起光:100 ~ 150 fsパルス、波長240 ~ 2400 nm
●測定雰囲気:室温大気中(特殊環境は要相談)
※原則として「技術代行」または「技術補助」でのご利用となります。「機器利用」については装置担当者とご相談下さい。
備考 この装置のご利用に関するお問い合わせは
ancf-contact-ml(@)aist.go.jp
までお願い致します。

PAGE TOP