トップページお知らせ

お知らせ

『光・ナノ計測実践セミナーIV』のご案内【2019/7/29開催】

2019/06/04(火)

産業技術総合研究所ナノプロセシング施設(NPF) は、「光・ナノ計測実践セミナーIV」を、2019年7月29日(月)産業技術総合研究所ナノプロセシング施設にて開催いたします。超解像観察技術、近接場光技術、共焦点技術、走査プローブ技術等を用いたナノスケールの計測・観察・評価について講師の先生に講演していただく予定です。オーサーズ・インタビューの時間を設けましたので、講師の方々に個別に質問をすることが可能です。また、実習コースでは、NPFのレーザー顕微鏡や、走査プローブ顕微鏡(SPM)を用いた観察技術について、基本的なスキルを身につけていただけるコースとなっています。奮ってのご参加をお待ちしています。
尚、実習コースに関しましては、講演会に参加されていることが条件となります。

【講演】
【日時】2019年7月29日(月)12:55-17:20
【場所】産業技術総合研究所つくば中央2-12棟第6会議室
http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/center/tsukuba_map_c.html
【参加費】無料
【定員】90 名(先着順、参加登録をお願いします)
【セミナー案内/申し込み】
https://www.tia-kyoyo.jp/npf/seminar/2019-1/
【講演プログラム】
12:55-13:00 「はじめに」 産総研 共用施設ステーション 多田 哲也

13:00-13:45 「ナノオプティクスとナノ空間技術を利用したバイオセンシング」
慶応大学理工学部 斎木 敏治
13:45-14:25 「様々なマイクロスコープによるイメージング
~マイクロからナノレベルの分子へ、マイクロからミリレベルの個体、組織へ~」
産総研バイオメディカル研究部門 加藤 薫
14:25-15:05 「多光子顕微鏡技術の基礎と応用」
オリンパス(株) 玉野 真悟
15:05-15:25 休憩(オーサーズインタビュー)

15:25-16:05 「最先端レーザーラマン顕微鏡を用いた材料分析評価技術」
ナノフォトン(株)足立 真理子
16:05-16:45 「原子間力顕微鏡を利用した局所赤外分光マッピング」
産総研 分析計測標準研究部門 井藤 浩志

16:45-17:00 「ナノプロセシング施設に於けるレーザー顕微鏡と走査プローブ顕微鏡」
産総研 ナノプロセシング施設 山崎 将嗣
17:00-17:20 オーサーズインタビュー


【実習コース】
走査プローブ顕微鏡コース
日時:2019年7月30日
定員:4名
走査プローブ顕微鏡(SPM-9700)を用いて、SPM観察技術の基礎を学んで頂きます。
レーザー顕微鏡コース
日時:2019年7月31日
定員:4名
短波長レーザー顕微鏡(OLS4100)を用いて、3次元測定や液浸観察を含めて、レーザー顕微鏡のスキルを学んで頂きます。

主催:
産業技術総合研究所 ナノプロセシング施設(NPF)
共催
ナノエレクトロニクス計測分析技術 研究会(TSC)
電子メール tia-npf-school1@aist.go.jp

PAGE TOP