トップページ外部発表及び成果報告について

外部発表及び成果報告について

 ナノプロセシング施設(NPF)をご利用された方が、 NPFご利用によって得られた成果を外部にむけて発表する際には、 謝辞に当該研究がNPFにて行われたことを明記してください。 また、別刷りや予稿集のコピー等をご提出ください。 「外部発表」とは、学会等での口頭発表、学術誌等における誌上発表の他に、 展示会やホームページ、カタログ上での成果利用、特許出願なども含みます。 NPFは、皆様のご支援のもとに成り立つ事業です。 ご協力いただけますようよろしくお願い申し上げます。
 注)秘密保持契約、共同研究契約、技術研修申請、共用施設等利用約款 ほかの手続きにより、成果非公開を前提としてNPFをご利用いただいている 方々におかれましては、それら個別の契約内容が優先されます。

謝辞の例:
【和文】
本研究(の一部)は、文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム」事業の支援を受けて、(独)産業技術総合研究所ナノプロセシング施設において実施されました。
【英文】
(A part of) This work was conducted at the AIST Nano-Processing Facility, supported by "Nanotechnology Platform Program" of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan.

なお、ナノプロセシング施設をご利用された場合には、 成果利用手続きにもご協力下さい。各種様式は以下のページからダウンロードすることができます。
http://nsn.kyoto-u.ac.jp/download

PAGE TOP