トップページ施設運転情報

施設運転情報

レーザーラマン制限付き利用再開

2018/12/25(火)

【NPF065】顕微レーザーラマン分光装置(RAMAN)の状況について。(2018年12月25日現在)

完全修理に至っていませんが、一部制限付きで装置の利用を再開します。

1. 532nm、780nmレーザーでの測定が可能です。
2. どちらのレーザーでも対物レンズ100×では測定できません。
3. ピンホールアパーチャーでの測定は可能ですが、検出信号強度が低い状態です。

装置の状況が変わり次第アナウンス致します。
皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何とぞご理解の程お願い申し上げます。

装置担当:赤松

PAGE TOP