トップページ施設運転情報

施設運転情報

クリーンルームユーザー保管棚の整理

2019/03/06(水)

クリーンルーム内のユーザー保管スペースを年度更新を機に整理いたします。

※※ 現状のユーザー保管棚

・現場の記録ノートに使用者の名前を書いて「2週間」を目途に保管期限を更新する

…はず、でしたが現状ほとんど守られておらず放置状態になっています。
(守ってくださっているユーザーさんも居ます。ありがとうございます。)

現在使用中の棚かごは、2019年3月28日(木)を期限として一旦整理します。
3月29日(金)は、かごが全部空であることを確認しますので、中に物が残っている場合は
『全部廃棄』とします。 それまでに利用者自身の責任で整理願います。

新規のご利用は下記ルールに基づき、2019年4月1日~とさせていただきます。


※※ 2019年度からのルール設定

基本的にはユーザーの方々のモラルに訴える部分が大きいのですが、ルールは最低限として
記録紙上に『利用開始日』『終了予定日』を明確にし、課題担当スタッフの承認を得てください。

保管期間の決定及び延長は『相応の理由』を必要とします。
課題による事情等による正当性が乏しい場合は基本に立ち返り「その都度持ち帰り」を徹底
させていただきます。(理由を説明できないCR内保管を禁止)

保管期限は『最長3カ月』に緩和しますが、延長承認が無い場合は撤去処分とします。

また、撤去処分をあてにして不用品を放置するケースも散見しますが、その場合、
その者(もしくはグループ)の以後の棚利用を一切禁止とします。


※※ ドライデシケーター、乾燥機の利用について

ドラフトで使用する器具類を保管する目的で『ドライデシケーター』の供用を開始します。

ユーザー持ち込みの器具を保管する目的としてドライデシケーターをご利用いただけます。
ドラフト前の『乾燥オーブン(乾燥機)』は『共用器具専用』とさせていただきます。
乾燥機内に収めた器具は一律『共用品』として取り扱います。(名前が書いてあっても)

ドライデシケーターは『予約領域』『私物用領域』に設定し、予約領域をご利用希望される場合は
記録紙上に『利用開始日』『終了予定日』を明確にし、ドラフト装置担当者の承認を得てください。
保管期間は『最長3カ月』として、延長承認が無い場合は撤去処分とします。

『私物用領域』へは持ち主の諸元を明らかにしていただければ記録紙への署名等は必要ありませんが、
利用頻度が低いと判断される器具は下段の『整理ポスト』へ移動し、整理時期を経て撤去とします。
整理時期は概ね四半期ごととします。

撤去処分となった器具は、廃棄または共用器具として再利用とさせていただきます。


NPF事務局(221-33210)

PAGE TOP